適性検査の種類とそれぞれの目的

適性検査は客観的な基準でその人の傾向や能力を知る為の検査で、企業の採用活動などでも採用されています。適性検査でその人物の全てが分かる訳ではないですが、その人の性格や大体の能力を把握できるので効率化を求められる採用活動で使われています。
適性検査にも種類があってまず学力を調べる為の学力テストがあります。学力テストとは別に能力テストといって数的処理や言語処理から論理的思考まで検査するテストがあります。能力テストは仕事をする上で必要とされる能力です。
適性テストと言われる検査ではその人の知的能力やパーソナリティだけでなく、職業特性やストレス耐性を測る事ができます。適性テストは企業が採用を予定している職種にその人物が適しているかを検査できます。性格テストでは面接や履歴書類からはわかりにくい性格的な特徴や傾向を検査できます。

適性検査を導入するメリット

適性検査を導入する事で得られるメリットは一定の基準で行われる検査で人の能力を測れるので、面接官の主観的でなく客観的に人物評価を行えます。また狭い視点からだけでなく、多角的に人物を評価する事ができます。選考を受ける側としても面接官の主観でなく、一定の基準のもとで判断されているのがわかるので選考に公平性が出ます。
その場の選考に役立つだけでなく、適性検査を導入する事で人事データを効率的に集める事ができます。その人事データを保管して簡単に検索できるようになるメリットもあります。特に応募者が多くて採用活動に時間をかけられない企業の採用の効率化に役立ちます。

免許取得時に課される運転適性検査においては、運転に必要とされる反射神経や運動能力、視聴覚の能力が検査されます。