「事業承継」とは何か?

自分の会社を引退に伴って、後継者に引き継ぐことを言います。個人経営の事業者であれば財産や取引先あるいはノウハウといったものをすべて承継させることです。株式会社であれば株式を含む大部分の資産を譲渡することです。どちらの場合でも後継者に財産や株式を無償で譲渡する場合には贈与税や相続税がかかってきます。もし、後継者がいない場合にはまず後継者をみつけて育成する必要があります。すでに後継者がいる場合にも、その引継ぎに伴う混乱やダメージを回避し承継がスムーズに行われるようにする必要があります。

事業承継の秘訣について

具体的な進め方がよくわからない場合には国(中小企業基盤整備機構)による支援を受けることができます。中小企業基盤整備機構は後継者問題に悩む中小企業事業主のために「事業引継相談窓口」全国の都道府県に設置しており、その中でも特に事業引継支援の需要が多い全国20か所において「事業引継支援センター」を設置しています。そこでは後継者を求める企業や事業主と、その事業をやってみたいという人とのマッチングや専門家による具体的な相談・指導が行われています。各都道府県や市町村の商工会議所でも「事業承継」の支援を行っているところがあります。

「事業承継」のポイント、リスクについて

株式の譲渡に伴う相続税や贈与税の税金の問題など資金的な問題が発生することがあります。中小企業信用保険法の特例を利用して融資を受けるなど資金面の不安をカバーする仕組みもありますので相談所などでアドバイスをうけてください。

「事業承継」の買いニーズについて

買収情報を登録し相談を受けているところもありますので情報を活用することも考えてみられてはどうでしょうか?様々パターンの情報を得られることにより選択肢が増える場合もあります。

事業承継は、先代経営者と次期経営者が協力する必要があります。特に、先代経営者は会社のためという気持ちがなければ、うまくいきません。