自分で営業すればそれは自営業です

会社に縛られずに自由に自分で仕事がしたい!一度や二度はこういった考えを持った事が誰しもあると思います。しかし意外と高いと思っている自営業の壁、実はそんなに高くないのです。どんな事業であれ、自分で営業を始めればそれは立派な自営業なんです。独立といえば、例えば店舗を構えるために大きなお金を準備したりというイメージがありますが、実際に多くの自営業は自宅で開業できます。

もちろん飲食店であっても、業態次第では工夫をこらせば自宅でも開業できるでしょう。どんな業態であっても、大きな初期投資を行わずに仕事を始められるのも自営業の醍醐味です。法人を設立する場合は登記費用が必要となりますが、個人商店で自営業を始めれば登記費用すら不要です。

自営業のメリットデメリット

自営業を始めるにあたってまず最大のメリットといえば、やはり誰にも縛られずに自由に自分で仕事が出来る事です。社会に出て会社組織の中で仕事をしていると、どうしても自分の思いを押し殺さなければならない時があります。自営業ではそんな事はまるで無く、自分の意見と考えを推し進めていく事ができます。また、時間的に縛られないというメリットもあります。始業時間や終業時間は自分で決める事ができますので、時間に縛られる事もないでしょう。

逆にデメリットといえば、売り上げを上げないと収入が無いと言うことです。自分の収入は自分で稼ぎださなければなりません。また人から指示をされないと仕事が出来ない人には不向きだとも言えます。

フランチャイズというと、売り上げに対して何パーセントの手数料が発生しますが、宣伝などをしなくてもお客様が信用してくれるという事が一番の魅力です。