堅苦しさがないから人気を集めます

社内SNSへの関心が高まっているのは、それだけ多くのニーズがあるからといえるのではないでしょうか。もはや、社内コミュニケーションのツールとしては欠かすことのできない存在となっているといえるでしょう。ネットワークサービスの台頭などもあり、現在のオフィス環境にも大きな変化がもたらされていることも事実です。若い世代との関わり方の難しさについて語る管理職やマネージャーたちの様子も度々のように話題を集めます。仕事帰りに飲み会や食事に誘ったとしても断られるというケースも多いといいます。社内SNSの良さは、オフィスメールのような堅苦しさがないという点が挙げられます。誰もが気軽に発信できるというのが、若い世代にも広く受け入れられる理由といえるのかもしれません。

社内SNSの課題と改善策

社内SNSの導入により、本業の好調さに寄与するというケースも散見されます。社内SNSがもたらすのは、社内コミュニケーションの活発化のみならず、情報の共有や問題提起などのツールとしても期待されるといえるのかもしれません。一方、社内SNSによる個人情報や機密事項などの漏洩を懸念する意見があることも事実です。セキュリティー対策にも万全を期すことが重要なことはいうまでもないでしょう。社内だけに発信しているつもりでも、結果として不特定多数の人に情報が出回るようなことがあってはいけません。社内SNSを始めるにあたってはクリアにしなければならない課題といえるのではないでしょうか。

職場での連絡手段として社内SNSを活用する会社が増えています。手軽にメッセージがやり取りできて、またグループ内で同じ情報を共有できるので業務の効率アップにも繋がります。