eラーニングとは何か

情報技術を活用し、今や学習の形態を変えつつあるeラーニング。パソコンや携帯端末を利用することで、場所や時間を選ばずに学習を進められるという点が最大の特徴です。また、画像や動画、音声や文章を組み合わせることで、工夫次第で学習コンテンツの充実化を図ることも可能です。そんなeラーニングのメリットを、学習者と教師の二つの視点から見ていきます。

eラーニング、学習者のメリット

eラーニングを使えば、決まった時間に決まった場所に集まらなくて済むのはもちろんのことですが、加えて、学習者が個人の習熟度や目的に合わせてコンテンツのレベルや内容を選択し、学習を進めていくことができます。分かるところはサクサクと、分からないところはじっくりと、無駄のない効率的な学習を行えます。

また、授業資料はデータで扱われているため、印刷された資料を管理するといった面倒からも解放されます。

eラーニング、教師のメリット

決まった時間に、決まった場所で授業をしなくていいということは、他の業務に割り当てられる時間が増えるということであるため、教師にもメリットがあります。それは、同じ授業を繰り返す必要がなくなるということでもあります。

また、授業資料をデータ化することによって、印刷費用を削減することが可能なだけでなく、教材の追加や更新が容易に行えるというメリットもあります。

さらに、小テストや試験の結果の結果を履歴として残すことで、成績評価や学習者の苦手や傾向などの諸要素の分析が行いやすくなります。

派遣のeラーニングは派遣会社がおこなっている動画などで学習を行うことです。eラーニングを行うことで、スムーズに業務を行うことができます。