科目設定さえできればスムーズに行える

事業主が確定申告をするとき、白色申告より青色申告がお得とされます。より控除する項目が増え、特別控除といわれる控除額も使えます。その分税金が減りますから、できれば行った方がいいでしょう。ただ帳簿作成では多少の難題が残ります。白色申告は単式簿記による簡易的な帳簿で済みます。青色申告は複式簿記で作成して、資産の状況なども把握する必要があります。簿記を知らない人などには少し高いハードルになります。専用ソフトを使ったら楽といわれますが、知らない人にはやはり難しいです。ポイントは最初に行う科目設定です。資産科目や経費科目の設定をスムーズに行えれば、後は取引ごとに設定した科目を当てはめるだけです。仕訳も一度行えば慣れてきます。

経理情報を生かそうとするなら青色申告に挑戦

会社の経理部の役割は、日々の取引を仕訳にして集計し会計帳簿の作成になるでしょう。会計帳簿ができれば、株主に報告するための決算書や税務申告書などもできます。会計帳簿は単に報告のための書類ではなく、売上の様子や現金の様子などが分かります。何月に良く売れていて、現金がどれくらい増えたなどが分かります。これらの経理情報をうまく利用すれば、事業をもっと効率化できる可能性があります。個人事業を行っていてもっと業績を伸ばしたいと思うのであれば、青色申告をして帳簿作成に挑戦しましょう。経理状況が把握でき、その情報を生かした事業活動が行えるようになります。クラウドタイプのシステムを使えば、スマホなどからいつでも状況を把握できます。

確定申告において、青色申告とは事業所得者における法人税、取得税などを確定する納税制度です。似たもので白色申告もあります。