SSL通信またはTLS通信がネットで普及している理由

通常のネット通信は内容を第三者に見られる可能性あり

最近、SSLまたはTLSと呼ばれる暗号化通信でアクセスできるサイトが増えてきています。暗号化通信が可能なサイトにアクセスした場合は、ブラウザに鍵のアイコンが表示されたり、あるいは「保護された通信」といった表示が出るので一目でわかるようになっています。

なぜ、暗号化通信が可能なサイトが増えているのかというと、ネット上のやりとりが第三者に盗み見されるケースが増えてきたためです。たとえば、外出先でスマホやタブレットをWi-Fiに接続する人も多いと思いますが、Wi-Fiの基地局の中にはわざと誰でもアクセスできるようにしておいて、通信を傍受しているところが少なくありません。しかし、暗号化通信でサイトにアクセスしていれば、自分が送受信している情報を守ることができるのです。

暗号化通信が求められるウェブサービスとは

ではインターネット上で、特に暗号化通信の必要性があるサイトはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、なんといってもインターネットバンキングでしょう。ネットバンキングの通信が暗号化されていない場合、ログインのパスワードや残高、振込先、振込金額といったものが第三者に知られてしまう可能性があります。ただ、すべての銀行サイトで暗号化通信が使えるようになっているので、心配する必要はありません。

問題はオンラインショップです。商品の送付先として住所や氏名をフォームに入力するようになっていますが、暗号化通信に対応していないところも少なくありません。こういったところで買い物する場合は、住所や名前といった情報が外部に漏れてしまうリスクがあると考えておいた方がいいでしょう。

機密文書は外部に流出してしまうと信頼の失墜につながってしまうので、実績ある業者に依頼するのが大切です。