M&Aとはどんな事?M&Aをする事で得られるメリット

M&Aとはどんな事なのか

M&Aとは企業が特定の企業を買収する事や2つ以上の企業が合併する事です。M&Aは基本的には企業の買収と合併の事を指しますが、企業同士の提携の事もM&Aという場合もあります。
M&Aが成功する為に大切な事はまず企業文化が似ていて、経済活動を行う上で足りない部分を補ったり協働する事で行う事業が有利に進んで行くかどうかという点です。買い手側はいくら統合する事で効果があっても効果以上の対価を支払ったりせずにリスクは少しでも排除するようにする事も大切です。
M&Aを行った後の経営を重要で売り手側の企業の社員のモチベーションを維持させて最適な人材選定も必要になります。

譲渡企業と譲受け企業のメリット

譲受け企業側の企業は自社で新しく事業に必要なノウハウや人材などを用意しなくてもM&Aによって効率的に経営資源を取得できるメリットがあります。これによって新しい事業を始める時も事業を始める為の準備に時間をかけずに素早く事業展開できます。さらに既存の事業と買収をした事で新たに展開し始めた事業が相乗効果によって収益を上げる機会を得られるのもメリットです。
譲渡企業のメリットは後継者の不在によって事業の継承できないと社員の雇用に影響が出ますし、それまでの技術やノウハウなどが無駄になってしまいます。また業績の不振で企業の存在自体が危うい場合や業績不振で企業の成長が難しい場合でもM&Aによって成長する機会が得られます。
譲渡企業の創業者としても廃業する場合と比べて利潤の確保がしやすいので、大きなメリットがあります。

M&Aとは企業の買収や合併を意味しています。例えば企業側が欲しい分野に特化している他企業を買収、合併することにより業務拡大や売上向上を目指します。