海外ユーザに完全にターゲットを絞ったウェブサイトの可能性

日本に興味を持つ外国人が年々増加中

インターネットの発達により、昔より日本文化が海外の人達に伝わりやすくなった事などもあり、近年、日本の様々な文化に興味を持つ人がどんどん増加していると言われます。それを示すように日本を訪れる外国人観光客数は右肩上がり状態が続いています。

特に外国からの人気が高いジャンル

特に外国人からの人気が高いジャンルとして知られるのが、漫画・アニメ(アニメ映画)あたりで、海外ではエンターテインメントとしてはもちろんアートとして高く評価されています。またインターネットの発達により京都を始めとして西洋圏の景色とはかけ離れた素晴らしい景観の場所が日本には山ほどあることが伝わり、東洋的な都市・スポット全般にも高い関心が寄せられています。

完全に海外ユーザ向けのサイトで広告収入を得る事も可

アフィリエイト収入を目的とした国内ユーザ向けサイトはどのジャンルにおいても飽和状態にあり、競争の激しさからなかなか成功はできません。そのため、国内ユーザをターゲットにした広告収入目的のサイト作り限界を感じる場合は別の手もあります。それは例えば英語が完全に読み書きできる場合は、それを活かして国内ユーザは完全に無視し、思い切って海外ユーザをターゲットにしたサイトを作る形です。外国人が特に興味があるジャンルに関する事で、外国人が日本に旅行に来る前に役立つ情報を、現地の人が英語で発信してくれているとなると付加価値が発生します。そして、近年のターゲット広告は海外からのユーザに対しては日本のサイトではなく、そのユーザが住む国の中の閲覧履歴に合う広告をランダム表示してくれます。そのため、海外ユーザだけをターゲットにしても十分、多額のクリック広告収入を稼げる可能性があります。

外国人の方々に対し、彼らの母国語での説明が求められます。多言語サイトでは、サイト訪問した方が理解できるよう複数の外国語で表記することが望ましいです。