営業代行とは何か!?売れる営業の活用方法

営業代行とは、一体何なのか?

企業を成長させるためには、弱い部分を穴埋めできる「アウトソーシング」を活用することが大切だと言われています。営業代行もいわゆるアウトソーシングの一種で、営業という仕事を外部に委託することです。販売代行と似ていますが、その本質や役割は営業代行とは異なっています。販売代行は商品の発注や陳列、そして販売までを担い、企業とお客様の橋渡しのような役割です。一方営業代行は、単純に売るだけでなく、営業全般に深く関わってもらうものです。

営業代行では、どんな仕事を引き受けているのか

営業代行サービス会社では、営業に関わる様々なコンテンツやサービスが準備されています。請け負っている業務内容も多種多様で、例を挙げるとテレアポやWeb集客、見込客の獲得、セミナーによる集客サポート、商談への同行、海外営業支援など、あらゆる営業の場面に対応しているケースが多いです。また上記のような実質的な営業業務だけでなく、営業社員の教育や、営業戦略の立案など、営業力を高める取り組みにも参加してもらうことが可能です。

営業代行サービスの活用方法

では、営業代行はどのような場面で活用すれば良いのでしょうか。まず第一に、営業を担当する人手が足りない時が挙げられます。販売する地域を広げたい時や、市場を全国に広げたい時にも役立ちますね。また営業活動がうまくいっていない時にも、営業代行は役立ちます。事業を立ち上げたばかりの時は、営業に苦戦することが少なくありません。そのような時に、営業のプロが最善の方法を提案してくれます。その他、営業社員を教育する時間が無い時にも、営業代行サービスは役立つでしょう。

営業代行はテレアポなどの営業を代行して行ってもらえるので、負担が減るので便利なだけではなくプロによる代行なので売上拡大にも繋がりやすいです。